CARPTURE FOR DRIVERS

CARPTURE FOR DRIVERS 起動画面
CARPTURE FOR DRIVERS UI
CARPTURE FOR DRIVERS 作例

「クルマ好きのための、カメラ・アプリ、登場。」

デザインと開発を担当したマツダのiPhoneアプリ「CARPTURE FOR DRIVERS」がリリースされました。

自動車が好きな人なら、ウェブサイトや雑誌広告で見られるような、美しいカー・フォトを撮りたくなったことがきっとあると思います。

しかし、自分で運転をしながら愛車を撮影することはもちろんできないし、停車中のところを撮影してみても、雑誌の写真とは何かがちがう…。そんな自動車ファンのためのカメラアプリが作れないだろうか、というアイデアからCARPTURE FOR DRIVERSは企画されました。このアプリを使えば、プロのカメラマンが監修したアングルガイドに合わせて写真を撮ることができ、あとから流し撮りやボケ風味のエフェクトなどを加えて、広告のような写真に簡単に仕上げられます。


CARPTURE FOR DRIVERSは自由度の高いアプリです。ガイドを使用せずに自分のアングルで撮影することも可能ですし、自動車以外のものを撮りたいときでも、多機能なカメラアプリとして普通に使えます。エフェクトはどんな写真にもかけられるので、被写体や使い方によってはとてもユニークな写真に仕上がります。

カーオーナーではなくてもいろいろ遊べます。ミニカー、フィギュア、カツカレーやルンバなど、意外なものにスピード感を与えて面白い写真を完成させてください。


エフェクトについて言うと、CARPTURE FOR DRIVERSはクルマ向けということもあって、一般的なカメラアプリとはかなり違っています。種類を選ぶだけでエフェクトが完成するのではなく、ユーザーの操作をある程度介して、複雑な絵作りをする必要がどうしてもありました。とはいえ、スマートフォンアプリに例えばPhotoshopのような作業感を持ち込むのはユーザー体験として優れていないので、あくまでiOSらしい操作イディオムで完結するように、UIと機能を工夫してみました。

このアプリのために開発した流し撮りやホイール回転などのエフェクトは、他のアプリではまず見られないものだと思います。マツダらしい個性的なカメラアプリを皆さんに楽しんで頂けたら嬉しいです。

Client: Mazda Mortor Corporation / Agency: HAKUHODO Inc. / Supervisor: CAR GRAPHIC / iOS application design, development: emotionale